GALLERY

"HELMUT NEWTON"

1920年、ベルリン生まれ。ユダヤ人迫害を逃れオーストラリアで市民権を獲得。
オーストラリア版『ヴォーグ』の仕事を手始めに頭角をあらわし、62年からパリへ。
仏『ヴォーグ』で認められファッション写真家として活躍していたが、70年に心臓発作を起こし、創作的な仕事に専念し始めた。
早くから映画やドラマからの着想が滲んでいたニュートンの写真は、次第にヨーロッパ上流階級や社交界をシチュエーションに、性的退廃、フェティシズムを濃厚に取り込んだ演出で強いオリジナリティを形成していく。
時にサドマゾ、露出狂なども連想させるイメージはポルノぎりぎりと言われたが、その技術と戦略は卓越しており、76年の『White Women』、80年代の『Big Nudes』シリーズなど名作写真集を通してアーティストとしての評価を不動のものにした。
2004年にハリウッドで事故死。

Andy Warhol Sleeping

写真家 ヘルムート・ニュートンが、
VOGUE UOMOの撮影で撮り下ろした作品。

「最もグラマラスで伝説的な『VOGUE』の代名詞」とも言われる彼の作品の中でも、代表的な一枚です。

Elsa Peretti, New York

モデルでありTiffanyのデザイナーとしても知られるElsa Peretti。

ハルストン製 "Playboy Bunny"のコスチュームを見に纏った彼女を、アメリカンドリームを象徴するニューヨークの摩天楼を背景に、即興で撮影した一枚。

不調和な組み合わせを収めたニュートンの作品は、1970年代の永遠のイメージとして、慣習に革命をもたらしました。

Shoe, Monte Carlo

1983年モンテカルロで撮影。

オーダーメードシューズで知られるフランスブランドWalter Steiger製ヒール。

Walter SteigerはOscar de la Renta、Nina Ricci、Kenzo、Chloé等多くのブランドとコラボし本作はベルリンのアートギャラリーKickenに展示されました。

Willi Fashion Mansfield f British Vogue

UK Vogueのためにヘルムートが連作で撮った作品の一枚。

ヒッチコックの映画『北北西に進路を取れ』(1959) へのオマージュ。

モデルは Willy van Rooy。
世界を見ることを望んでいた彼女は、モデル業のかたわら旅をしていたそうで、日本での滞在経験も。